広告

活躍するパネル

展示会やセミナーなどで活用することができるバックパネルについて

女性

展示会やセミナーなどでは、会社の宣伝効果をアップするために様々な工夫が必要となります。そのような工夫の一つとして、バックパネルを活用する方法があります。 バックパネルを利用すれば、会社のロゴが入った背景を用意することが可能となるため、自社の製品の紹介や説明などを行う際にインパクトを与えることができます。バックパネルの中には、誰でも簡単に組み立てを行うことができるタイプも存在しているため、展示会やセミナーなどに持参を行って利用していくことが可能です。このようなバックパネルは、専門の業者に依頼すれば、デザインなどを含めて用意していけます。 このように、バックパネルは、展示会やセミナーなどにおける会社の宣伝効果をアップするために、高い利用価値が存在します。

バックパネルとはなにか

バックパネルとは、記者会見やインタビュー時に背景として使用する衝立の一種です。放送時に写り込むのを考慮して、宣伝を目的とした企業ロゴやブランド名をデザインしてあるものが一般的です。 バックパネルの構造は、一般的には市松模様に配置したデザインのボードまたは布製の印刷メディアと、それを支えるアルミフレームなどの骨組みの本体からなります。 バックパネル本体は通常軽量化されており、持ち運び時の配慮がされています。また設置が楽なように蛇腹式のような構造が採用されています。バックパネルを屋外に設置する場合は安全性の確保のため、別途ロープで固定したり注水式スタンドを併用します。 なお印刷メディアは、近年では専用プリンターで印刷したターポリンの使用が増えています。